運動

むくみが本当にひどいというか気になるので、
漢方でも始めようかと思ったけど。

まずは、やっぱり自分の生活改善だな~と思い、
できるだけ運動をするようにしてみてる。

これまでも色々やってはみるものの、続かないっていうのがね・・・
最初から気合い入れてやり過ぎなのも、続かない要因だと思い、
とにかく毎日できそうなことをやることに。

1.朝と夜、テレビ見てるときにヨガのポーズとストレッチ
2.岑の散歩がてらのゆるーーーいランニング
3.できるだけ歩く!

これ以外に、高望みしない、この先のことを考えない、
今、目の前にあることに集中する、
自分の直感とか感性は信じるけど、行動するときは慎重に・・・
とか。
自分に素直になって、やれることをやるためには
こういうことも大事かなーって。

ヨガとストレッチは、朝夕やってると体の硬さがとれて
何となく楽な気がする。
やらないとすぐ硬くなって、動くのが億劫になるような気がする。

血管の炎症とか、狭窄とか、血流とかと
筋肉のこわばりって関係あるんだろうけど
自分の状態が、そういうことに影響する状態なのかどうかは疑問。
だけど、自覚する部分では、やっぱり下肢はかなり筋肉が硬くなっていて
血行も悪いのか冷たいし、むくむし。
それが、ヨガのポーズとかストレッチで改善してるように感じるのは事実。
原因と結果にエビデンスはないかもしれないけど、
自覚してるところで、自分なりの原因と結果があればいいかなーって。

これからあったかくなるし、できるだけ運動を続けつつ
体重落ちればむくみも改善されることを期待して
こつこつやるかな。
[PR]
by rinow3 | 2011-03-27 21:01 | 体調


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧