4月から

もう今月も終わる。

大学院は修了し、春から新生活!ってとこだけど
私の生活はあまり変化なし。

この1年は常勤の仕事はせず、
とりあえず夫の扶養の範囲での仕事をすることに。

自分の体調と相談しながらって、予測つかないし本当に将来のこと考えるの
難しいなーって思う。
今は体調良くっても、また仕事始めたら・・・とも思うけど、
いけそうな気もするし。
何より、自分のなかでの普通が、平日は仕事して~とかってところだから
そこで色々自分のなかで矛盾を感じるんだろうね。

普通って何?
って思うけど、多分人それぞれ。
私のなかでもこの2年くらいで変化してるから
状況とか置かれる環境でも変化するんだろうけどね。

世の中はこういう状況だけど、
こういう状況だから、自分の置かれている状況のなかで
自分のことしっかり考えたいなーと。
自分にできること、できないこと。
自分がしたいことって。
一時的じゃなく、できるだけ続けられるにはどうしたらいいかとか。

この先、自分の状態とか自分を取り巻く環境は変化するんだろうし、
思いがけない出来事に遭遇するんだろうけど、
今の自分の状態と取り巻く環境のなかで
自分がベストだと思える選択ができればいいなーって。

大学院に進学するために仕事やめたときは、
仕事しないことに大きな不安があった。
大学院修了して、働き方としてはこれまでよりかなり抑えた感じにすることは
私にとって不安要素たっぷりなはずだけど、
あんまりそういうがない。

今の自分にとってはベストな選択だと思えるし、
このなかで自分のベストを尽くしたいと思うし。

いい変化だと思うわ。

4月からは、少しゆっくりペースでいくかな。
[PR]
by rinow3 | 2011-03-26 05:53 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧