49日

夫の祖母の49日でした。

夫は仕事もあるので、私のみ参加。
実家に行ったら、祖母の部屋は片づいていました。
写真が飾ってあって、その写真の祖母がいつもの笑顔の祖母で
何だかずっと眺めていました。

祖母は、いつも優しく笑っている人でした。
どんなときも最後は笑顔。
私はいつも元気をもらってました。

亡くなる前、入院してた時期があって
病院に会いに行ったときも、二人でしゃべりすぎたことを思い出します。

夫の祖母だし、
一緒に住んでたわけでもないし、
祖母のことは、ほんの一面しか知らないんだと思うけど、
でも、私にとっては大切な人なんだと思います。

今年は、もう一人、私の大切な人の7回忌があります。
もしおばちゃんがいたら、何て言うだろう。
私は、おばちゃんに何て話すだろう。
って、色んな場面で思い出します。
大学時代にお世話になった人。
本当に、本当にお世話になった。

49日とか7回忌とかって、あんまり重要視してこなかったけど
こういう機会に、大切な人のことを思い出したり
誰かと話したりするのって、結構大切なんだと思った。
[PR]
by rinow3 | 2011-03-18 22:57 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧