むくみと青あざ

チョコラBBが良かったのか、
口の中はすっかり良くなりました。
良かった。

土曜日、またカイロに行った。
足のむくみが半端じゃなくて。

マッサージのとき、めっちゃ痛かったけど
痛みを感じたのがリンパの走行?に沿ってたから
やっぱりむくんでるんだなーとか思いつつ。
骨盤矯正され、すっきり!
と思った翌日・・・

なるだろうなーって思ったら、やっぱりなってた。
下半身、内出血だらけ・・・

いつもそう。

リフレクソロジーとかで、下半身マッサージしてもらってもなる。

アスピリンとプレドニンのせいなのかなーと自分では思ってる。

それにしてもひどいわ。
どこで何されたの?ってくらいな青あざ満載。

久しぶりに会った人には、顔のむくみを言われ。
体重MAXだし、仕方ないんだけど。

いちいち気にしても仕方ないし、
いつものことだけど、へこむっていうか、やる気なくなるっていうか。

たいしたことじゃないんだろうなーとも思うんだよね。
こういうこと。
だって、顔がパンパンでも、足が青あざだらけでも
日常生活が送れてるし、比較的元気だし。
元気だから、そういうことが気になるんだろうし。

諦めてる反面、ショックというかへこむというか、
何かに八つ当たりしたくなるというか。

いつになったら、こういう自分を認められるようになるんだろう・・・
[PR]
by rinow3 | 2011-03-07 22:44 | 体調


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧