変化

ここのところ、連日何かあって
体の疲れというか倦怠感を感じることが多いけど、
微熱が出ない!

修士論文書いてたときは、体の疲れはそれほどではなかったのに
何かだるいと思ったら発熱・・・

もしかして、精神的なストレス??
身体的なストレス(疲れとか)は、案外大丈夫なのかも。
気持ちがやられると、身体症状出るのかも。
ってことは、ある程度は動いても大丈夫なのかも。
と思った。

今日は、もう帰ってきたら疲労困憊。
疲れた・・・しか言葉出ないくらい疲れを感じてたのに
体温測ったら、35.7。
びっくり。
普通なことに、本気でびっくりした。
頸部の若干痛みあるのに。

気持ち的には、カチンとする出来事はあるけど
考えないことにしていられる程度。

いやー。
ほんとびっくり。

精神的なストレスに自分がこんなに弱いってことと、
身体的なストレスには案外耐えられそうってことの両方に。

あんまり良くないことと、いいこと。

性格的に、悪いとこはすぐ目につく。
いいことをいいこととして認められない。

私の場合、いいことも悪いとこも含めて
自分は自分、どんな自分も大事って思えるようになることが
精神的に強くなることにつながる気がする。
弱いとこ、悪いとこもあるけど、
それも私なんだ!って、頭だけじゃなくて心でも認められるようになることが
私には必要なんだと思う。

このこと、忘れないようにしたい。

最近、色んなことをすぐ忘れるから。
[PR]
by rinow3 | 2011-02-19 01:24 | 体調


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧