点滴,何回目??

多分,今の点滴始めて1年は経ったはず.
最近は点滴終了後の発熱も,まぁこんなものねって感じになってきて.
良く考えれば,体が反応してるってことだから
効果も期待できるのかも.
違う視点って大事なんだわ,きっと.

特にデータの変化もなかったから
次も5週間後.
プレドニンも変わらず10㎎/日.
いつになったら減るかわかんないけど,
もう考えないようにしようかと.

自分の力でどうにかできることじゃない気がしてきた.
これって.

今の生活って,多分体にとって本当に負担のかからない生活だと思う.
論文書いたりって精神的な負担はあるけど,
フルタイムで仕事してたときのような身体的な負担とか,
責任とか人間関係とかっていう精神的な負担もないし.
家にいて人との関わり少なくなるのはどうかと思うけど,
その分楽っちゃ楽だし.

だけど,プレドニンの減量はできないしね.
点滴だってやめれるわけじゃないし.

私にできることは,毎日を楽しく過ごして後悔しないことだと思った.

投げやりになるわけじゃないけど,
自分の体のことだとしても,自分の思うようにはならないことを
そろそろ自覚しないとって思った.

少し,楽に生きてみようと思う.
[PR]
by rinow3 | 2010-12-18 22:07 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧