腹立たしいこと

やっぱりイライラする。
というか、10年以上の付き合いでもわかんない。

実家を離れてから、30過ぎてから
家族って大事だなーって実感すること多いんだけど、
夫はそうでもないのか?

夫が自分の家族をどう思っていてもいいけど、
私の家族のことをどうこう言うのが本当に腹が立つ。
腹が立つし、泣けてくる。
私の妹が、
「お兄さん、好きかもしれないから。」
って送ってきたりしたものを、
「こっちにもあるし。」
とか言ってるのを聞くと、
こんな人の奥さんやってる自分が悲しくなる・・・

こういうことに反応してる時点で、
多分私がこういうこと以外に神経使ってないからなんだなーとも思う。
家にいる時間多いし、夫以外の人とは話さないとかあるし。

私は、父親が絶対!っていう家庭で育ってきて、
今もやっぱり父親が言うことは正しいと思える。
まぁ時々おかしいこと言ってるときもあるけど。
おかしい家族だけど、私にとってはとても大切な人たちなのに。

夫は多分悪気もなく、単細胞だから何も考えてないんだと思う。
けど、何も考えてないってとこに腹が立つ。
悪気ないから、何も感じてなんだろうし。
本当に腹が立ったし、悲しい。

些細なことだけど、私にとっては大事なことなんだわ。
私のことをどういう言ってもいいけど、
私が大事にしてる人のことをどういう言われるのは我慢できないってことに
気付いた。

部屋が別々で良かったよ。
[PR]
by rinow3 | 2010-10-24 21:18 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧