戻ってきた

実家に帰るまでは、チケット取ったり
帰る準備したりが結構面倒だったりする。

だけど、実家からこっちに帰ってくるときは
本当に泣けてくる。
ここのところ毎回。

これでもしかしたら最後かも・・・
って思うからなんだけど。
来年の今どうしてるかなんて考えられないし。
多分元気でやってるんだろうけど、
何があるかわかんないし、私に何かなくても
親に何かあるかもしれないし。

父親の趣味は、ちょっと危険を伴うもので、
大丈夫だろうか・・・って心配になることも多い。
本人は、本当に本気で楽しんでるからいいんだけど。

帰るときは、思いっきりネガティブ思考が全開になってしまう。

こういうものなんだって自分に言い聞かせてみるけど、
数日は考えると泣けてくる。
数日過ぎれば、またこっちの生活がメインになってくるから
復活してくるしね。

いつまでも元気でいてほしいって
本当にそう思う。
[PR]
by rinow3 | 2010-10-19 00:37 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧