忘れるために

本当に自分は何を大事にしたいのかって
考える。

今までは、一生懸命仕事をすることだったと思う。
目の前にある仕事を、精一杯やることだって思ってた。
それが大事だったのは、評価があるからだと思う。
自分に対しての評価。

私は、自分に対する評価を他人に頼ってきたような気がする。
今みたいな状況になると、本当に自分はこれでいいのかって
そういう思いで潰されそうになる。

何かやってうまくいかないと感じると、
なんで?
どうして?
何がダメだったんだろう?
どうしたらいいんだろう?
って考えるけど、

それって何か違うのかもしれないって気がしてきた。

うまくいかないって、誰にとって?
自分がそう思ってるだけじゃないのか?って。

相手が何を望んでるのか?
って考えて、これまで色々やってたけど、
そもそも相手の頭のなかのことが、わかるはずもなく。
状況によって、相手も考えたり、感じたりすることは変わるだろうし。

だとしたら、自分の評価はやっぱり自分でやんないとダメなんだと思った。
他人にゆだねるから、しんどくなるんじゃないかって。

誰にどう思われるかが、私にとって大事なことで
それが顕著だったのが仕事だったんだと思った。

仕事をしなくなってから、夫との時間が多くなって
こんなに、ここは楽な気持ちでいれる場所なんだって思った。
多分、夫は、私について評価しないからだと思う。
いいとも悪いとも。
それが楽なんだと思う。
自分で、自分がいいと思うようにいれるから。

腹の立つこともあるけどね。

いやなことがあるたびにへこむんだけど、
翌日には忘れるようにしてる。
そんなこと覚えてるより、大事なこと、あるはずだから。

逃げてるってことなのかな?とか思うけど、
そういう対処も大事かなって。

最近、こんなことばっか考えてる気もするけど。

まぁいいや。
[PR]
by rinow3 | 2010-07-28 23:32 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧