ふきでもの

私は、これまでちゃんとお化粧とかはしてこなかった。
理由はいたって簡単。
単に面倒だったから。
朝早起きするのもできないし、何をどうしたらいいかもわからないし、
お金もなかったし。
顔洗って終わり。しかも、乾燥肌だから、夜しか洗顔フォームは使わず。
朝は本当に洗うのみ。

プレドニン内服始まって、ムーンフェイスにだけはなりたくないと思った。
なってもプレドニン減量すれば良くなることだから、
たいしたことじゃないはずなのに、なぜか抵抗が大きくて。

顔って、人と会うときに一番最初に見るところ。
それがパンパンにむくんでいたら、
“この人、どうしたの??”って、何も知らない人でも思うと思う。
そういうことを考えてしまう。
だから、できるだけ最小限にしたいと思った。
と、同時に普段化粧をしないことにも、これでいいのかしら?という気持ちになった。
もういい歳だしなぁ~と思っていたところ、
「素肌でいられるなら、それを長く保ったほうがいい」というようなことを
言ってくれた人がいた。
そのとき、“じゃあ、頑張って素肌でいられるようにしよう”と素直に思えた。

それからは、洗顔、保湿と・・・
私にしてはめずらしくやっている。
そして、時々“ふきでもの”出ることあるけど、それの様子も見ながら
洗顔したりしている。
“ふきでもの”
きっと、プレドニンのせいもあるんだろう。。。

いつまでもスッピンでいられたら・・・と思う。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-23 07:27


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧