こども

結婚して、今年の夏で3年になります。

去年の今頃、ものすごくこどもが欲しかった。
今考えると、理由はよくわからない。
仕事が嫌で逃げたかったからなのか、結婚して2年になるし~って思ったからなのか
とにかくこどもが欲しかった。
そのとき、私たち夫婦は仕事の関係で別居していた。
それでも、会えるときは会うようにしてたけど、
結局こどもはできず。
春になって一緒に住むようになって、犬を飼い始めたら
こどもが欲しいと思わなくなっていた。
いつしかわんこが、こどものようにいとおしくなっていた。
そして、病気が発覚。

病気だからこどもは無理ってわけではない。
でも、今は無理。

今、とてもこどもが欲しいというわけではない。
ただ、この先のことを考えると・・・
病気だとわかるまでは、“こどもは3人くらいは~”なんて思っていた。
多分1人が精一杯になるんだろうと思う。

私は自分のからだのことだし、
こどもについても、今は無理だなぁ~って納得はしてるけど
だんなさんはどうなんだか。
そういう話をしても、「今はからだ治すことが先」みたいなことしか言わないし。
本当にそう思っているのか、どうなのか。
私にはわからない。

こどもがいない夫婦って、何でつながってるんだろう~って
ふと思った。
私たちは何で一緒にいるんだろう・・・って思った。
ただ何となくなのか、他に何かあるのか。
私は、だんなさんがいてくれることで
支えになってる部分はかなりある。
けど、だんなさんのほうはどうなんだろう~って思う。

元々は他人同士。
合わないとこ、わからないとこがあって当然だと思う。
でも、この不安感??は何なんだろう・・・
なぜか、突然「別れよう」とか言われそうな気がして・・・

うぅ~~~ん・・・
考えないことにしよう。。。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-18 23:18


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧