悩んだ結果

A社
先月土地を紹介してくれ,そこでの間取りはいい感じ.
トータルの金額がまぁ高くて,提携してる金融機関も普通.
ただ,営業の人とかA社専属の建設会社の人はいい人そう.
営業の人には,他のハウスメーカーも検討してることは伝えていて,
進行状況も伝えてるけど,他社のことはあまり悪く言わない.
自社に関しても,他社に関しても,いいとこも悪いとこに言う人.

B社
A社からの紹介の土地はイマイチだと.
B社の大事にしてる日当たりとか,そういうことがA社紹介の土地だと
難しいとのことで,他の土地で間取りを提案してきた.
A社提案の土地と価格はほぼ同じ.
少し大きい.
間取りはかなりいい感じ.
トータルの価格はA社と同じくらいになりそうだけど,
まだちゃんと見積もり出てなくてわかんない.
B社の営業の人,めっちゃ自信家な感じ.
自分がいいと思ったことをズバズバ言う.
確かに間違ってないなぁーって思うことが多い.
他社に関しては,自社とは違うっていう言い方.

っていうのが昨日までの悩み.
悩みすぎて,頭がおかしくなりそうだったため,
夫とも相談して,
A社の営業の人ともう一度会うことに.

やっぱりA社の営業の人,誠実だと思った.
誠実なだけじゃなくて,ちゃんと仕事してくれる感じだし.
その人が実際に家建てるわけじゃないけど,
そういう人が働く会社の,そこの建設会社だし.
信用できるんじゃないかって,私は思った.

家って大きな買い物.
だからこそ悩む.

家って「モノ」を買うんだけど,実際には人とのつながりな気がする.
誠実で,信用できる人かどうか.
大きい気がする.

そろそろかなー.
[PR]
by rinow3 | 2010-03-05 21:51 | house


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧