料理

私の今活用してる本。
「基本の和食」っていう料理本。
オレンジページのやつなんだけど、
買ってから全然使ってなくて、
この度、自炊をするようになって、開いてみたわけです。

思ったこと。
うちには、料理をするのに不足なものが多い!!
まず、調味料。
砂糖がなかったんです、今まで。
だって、使わないから買わなかったんだけど。
砂糖ないと作れないことが発覚して、早速購入~。
そして、
おとしぶた。
これ使った料理なんてしたことな~~~い^^;
でも煮物作るのにこれは必需品のようなので
早速近くの100円ショップで購入~。
100円ショップって、なんて便利なんだろう~と再確認。

てな感じで、とりあえず和食に挑戦中。
食べたい順で作ってみています。
今のところ、まぁまぁの出来かなぁ~。
だんなさんは、「味が薄い!」と言いますが、今までが濃すぎたんです!!
だって味付けは、全部目分量だったんだもん。
ということで、これからはこの味に慣れてもらいます^^。

料理をするようになって、台所がきれいです。
その都度片付けるようになったかなぁ。
でも、その分あたしの手が。。。
元々乾燥肌で、手洗い回数多いとすぐあかぎれとかできちゃうんですが
今もそう・・・
手背は真っ赤です^^;
クリームが離せませんね。
まぁ、感染予防も兼ねて、手洗いうがいをする回数もかなり多くなってるので
そのせいもあるんですが。

とりあえず、本に載ってるやつは作っていこうっと。
明日は何にしよ~かな~。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-17 21:00


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧