プレドニン増量

昨年11月にプレドニンを8mg/日にしてから?
微熱が気になるようになった.
それまでも,もしかしたら出てたのかもしれないけど,
気になることはなかった.

それまでの平熱は,35.8~36.3くらい.
それが,徐々に37.0~37.6くらいになっていて.

頭痛と倦怠感が,何だかしんどくなってました.
朝も起きれないし.

気持ちの問題??
とも思ってたけど,どうもそれだけではない感じで.

年末年始にかけて,毎日だるくてだるくて仕方なくて.
一年間の疲れ?とか思ってたけど,
2月になってもそれは変わらず.

熱と頭痛でロキソニン飲むこともあったので,
これはダメかな...ってことで,
今日の受診で先生に相談.
1mgがどのくらい影響するのか?とも思ったけど,
結局プレドニン10mg/日にしてもらいました.

しんどいよりはいいわ.

データはいたって問題なし.
貧血もないし.CRPの上昇もないし.

私のボーダーラインは,どうやら10mg/日のよう.
なかなかこの壁は厚い.
できれば5mg/日くらいにしたいのに.

この春で丸4年になるのか.
5年目突入~~~.
なかなかコントロールがつかないなぁ・・・

今月は体温表,しっかりつけてみよ.
[PR]
by rinow3 | 2010-02-20 09:19 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧