CT

金曜、CT造影でした。
1年前と比較して、進行してませんでした。

血管壁の肥厚はあるものの、狭窄が進んでないのはいいことです。
プレドニンもやっと10mg/日きったし。

久しぶりの主治医だったので、
色々聞きました。

まずは、今やってる治療について。
いつまで点滴続けるのか。

わからないらしいです。

現在の治療方法は、まだ始まったばかりなため
どのタイミングで投与間隔をどのくらいにするか、
またどのタイミングでやめるかは、未知だそうです。
とりあえず、1~2年はこのまま月1回の点滴かもしれません。

点滴とプレドニンのどちらが継続することでのリスクが大きいのかということに関しては、
プレドニンの長期投与による副作用のほうが大きいらしいです。
点滴で使用している薬剤で、がんのリスクが高まるということも言われ始めてるようですが、
まだまだ明らかにはなっていません。

大動脈炎症候群で文献を調べると、
潰瘍性大腸炎を併発しているケースが目についたので
それも聞いてみたところ、
併発する割合は少ないそうです。
あまり多くないケースであるため、論文として発表されるため
症例が多いように見えるだけだと言われました。

こんなことを色々質問していたら、
「○○さんは、この病気のこの治療に関してはパイオニアだよ。」
と言われました。

こんなことでパイオニアになってもなぁ。。。って思いましたが、
主治医がこの治療経過を何らかの形で他の患者さんに生かしてくれるのであれば
それは素直に嬉しいことだと思いました。
今度、どうこの治療経過を活用するのか聞いてみようと思います。

来週はまた点滴。
1月、帰省することもあって、
12月に上旬と下旬、2回点滴することになりそうです。
時間かかるのが大変です。
でも、静かな場所で寝ていられるのでいいかもしれません^^;

使用薬剤が今は点滴ですが、現在皮下注射への開発がされてるそうです。
皮下注射になったら、時間かかんないから助かるなぁって思いました。

日々、色んな技術が進歩していて、
いつかは画期的な治療法で治るかもしれないけど、
それを期待して日々過ごすよりは、
今をどう楽しむかを考えたほうが現実的だよなぁ~って
改めて思いました。
夢とか希望は大事だけど、今をどう過ごすはまたとても大事だと思いました。

今をどう過ごすか。
常に私のテーマだと思います。
[PR]
by rinow3 | 2009-11-27 23:01 | 普段の受診


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧