机に向かうまで

朝起きて、だるいなぁ・・・と思いつつも、
課題が全く終わってないしなーと思い、大学へ。

行ってはみたものの、やっぱり進まず。
とりあえず図書館に必要な本を借りに行く。

院生室から図書館まで。
まぁまぁの距離なんだけど、この道のりで息切れがひどくて。
図書館に着いたときには、かなり息切らしながら
本探してます。

他にも、ちょっとアップダウンのあるとこ歩くと
息切れがして。
体重増えたせいなのか、運動不足なのか。

図書館に行ったけど、
借りないといけない本の名前が
1冊わからず。
覚えてたけど、忘れてた。
メモ持ってくればよかった。
とりあえず、それらしい本借りておいて。

どこに行くの??ってくらいの荷物を持って
自宅へ。
大学で勉強する日が続くと
大学の荷物が増え、
行けない日が続くってなると、それをまた移動させないといけなくて。
これって結構な運動になってる気もするけど
そうでもないのかしら。

帰りにホーマックによって
カラーボックス購入。
本棚に本がしまえないのと、ファイルも増えてきてて。
増えることはあっても、減る気配ないので
カラーボックスで間に合わせる。

数か月?!ぶりに掃除機をかけ、
何となく片づけて、やっとPCに向かう。
片付いてないと、本とか広げれないからね~。
狭い家だから・・・
自分の部屋がほしーーーーーい。

さて。
今日は朝も遅かったから
ちょっと遅くまで頑張るかな。
来週分の課題、ほとんど形になってないから。

道のりは長いわ。
[PR]
by rinow3 | 2009-11-08 16:32 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧