出会い

私は、札幌で暮らし始めて約4年。
生まれてから大学卒業まで、地元で暮らしてきたので
ほとんどの知り合いは地元のみ。
大学時代の友人が、関東などに就職はしてますが、
道内にこれまでの知り合いは、全くいません。

こっちでの生活を始めた当初、本当につらかった・・・
仕事で落ち込んでも話せる人はおらず、休みの日にごはんに付き合ってくれる人もいない。
最初のころは、仕事にもいっぱいいっぱいだったので
何か趣味で習いごと始める・・・なんて余裕もなく。
職場の人以外の知り合いは、彼のみ。
でも、その彼とは遠距離(道内で札幌-釧路)。なかなか会えないし、彼も仕事が忙しい。
そのうち、一人で買い物行ったり映画見たり、
仕事に慣れてきて、職場の人とごはんに行ったり。
少しづつそういうことも増えてきて。
そして、去年彼が転勤で札幌になったので一緒に住むことになり、
犬との生活も始まり。

それまで職場の人以外との交流は、全くなかったのに
犬との生活を通して、本当に色んな人との出会いがありました。
仕事を通じての出会いも、もちろんあったんですが
犬を通じての出会いは、また少し違って。
職種も年齢も違う、本当に色んな人と話す機会が増えました。

そして。。。
今回病気になったことで、私はこれまで出会った色んな人に感謝したいと思いました。
親、兄弟、だんなさん、大学時代の友人、職場の人、愛犬を通じて出会った人。
私が落ち込んでないか言葉をかけてくれ、
「できることない?」と言ってくれ、
ただただ私の話を聞いてくれて・・・
色んな人の言葉が、優しさが私を支えているんだと感じました。
今日も、いつも愛犬がお世話になってるお店で、
話をしていてそう感じました。

感謝の気持ちを言葉にするのは、難しいんですが
できるだけ、会ったときには「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるようにしよう!!
と、今日思いました。

いつもの通り、まとまりのない文章ですが。
これからも出会いを大切にしていきたいと思いました。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-12 21:17


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧