ことば

今は大学病院に通院してますが、
その前に受診していた内科の医師に、こんなことを言われました。
「この病気(大動脈炎症候群)は、まだわかってないことも多いからね~。
 5年後生存率も80%だしね~。」

このときは、さらっと聞き流してました。
でも、家に帰る途中の車の中で思い返していて、
“えっ・・・。ってことは、あとの20%はどうなるの??”
それから、私の頭のなかでは、この言葉がいつもまとわりついていて。
もちろん、絶対80%ってわけでもないし、
他の要因(合併症の有無とか、高血圧の有無とかとか)も関係してくるし、
本当にわかんないし、昔よりは予後は良好って言われてるみたい。
でも、でも、私の頭のなかでは・・・

そして、思いました。
ことばって恐いなぁ~って。
きっと医師は言う必要があって言っていて、多分嘘ではないんだと思います。
でも、聞くほうは・・・
そのときの心理状態とかにかなり左右されてしまって、
言っている人の意図とは違う風に受け取ることもあると思う。
私自身、そうだったので。

もし5年しかないんだったら。
それならそれで、今やることをやるしかない気がする。

私は、自分の病気について、重く受け止めすぎているのか、
軽く受け止めてしまっているのか、よくわからない。
よくわからないから、どこか人ごとのような気もしている。
誰かに話すときも、自分のことなのに、他の誰かの話のように話してるときがある。
治療することで、日常生活に支障はないかもしれないけど、
将来の不安は常につきまとう。

こうやって「ことば」にしていくことで、
自分の気持ちが少しづつ整理できればいいなぁ~と思う。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-10 21:01


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧