リフレッシュ

昨日は知り合い2人と一緒に
近場に一泊してきました.

今回の目的はリフレッシュかな.
特に行く先は決めず,行き当たりばったりな感じで行ってきました.

一緒に行った知り合いは,
仕事で一定期間過ごすことはありましたが,
それ以外ではほとんど接点はなく,
プライベートで・・・ということは考えたこともありませんでした.

しかし,今回一緒に一泊することになって,
年代も同じくらい,職業も同じということもあって
話が途切れなくて面白かったです.
こういう感じは,本当に久しぶりでした.

こっちに来てから,同年代の同職種の人とこういう風に付き合うことは
ほとんどありませんでした.
年齢が少し上だったり,職場を離れると連絡もなかなか取れなかったり.
なので,とても新鮮でした.

行く前はどうなることか・・・
って正直思ってました.
相手のことを仕事以外では知らないので.
でも,行ってみたら面白かった.

やってみないとわかんないって
本当に思いました.
そして,1回だけじゃ見えない部分があるんだってことも.
もしかしたら自分と合う部分があったり,
尊敬できる部分があったり.
付き合ってみないと,近づいてみないとわかんないことって
本当に多いんだと思いました.

夫との生活で,
他人のことを理解することができないことはわかってました.
でも,全てを理解できなくても
共感できる部分とか尊敬できる部分とか
共有できることとか,
そういうことを一緒に生活していく中で見つけていけたらいいんだって
思ってました.

今回,やっぱりそういうことなんだなぁって思いました.

あと,今回一緒に行った人たちといると
自分がとても楽な気持ちになってることに気づきました.
いい意味で気を使わないっていうか.

それに,話もぐちってるようでどこか前向きな部分がありました.
自分は,普段否定的な表現が多いなぁって思ってましたが,
それにまた気づいたし,こういう風に表現すればいいんだーっていうのも
何となく感じることができました.

時間的に余裕はなかったけど,
有意義な時間を過ごせたように思います.
[PR]
by rinow3 | 2009-07-21 23:21 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧