何もかもがイヤになるとき.

自分の言動全てが,
もう本当に何もかもがイヤになるときがある.

多分,そういうときは疲れてる.

そして今がそんなとき.

自分が自分であることを否定したくなって
本当に何でもない色んなことがイヤになる.

昔はお酒飲んで,記憶なくなって終わり~ってこともあったけど,
最近はそういうわけにもいかないし.

学生時代に,誰だったか忘れたけど,
私が自分に向き合うのがつらいって言ったら,
その先生は,
「別にいつも向き合う必要ないんだよ.
向き合えるときでいいんだよ.」
って言ってくれたことを思い出しました.

いっぱいいっぱいなんだと思う,今.
勉強がイヤとかじゃなくて,
色んな場面で自分と向き合わないといけないことに
疲れてる気がする.

どうしても手が抜けないっていうか,
できる範囲では一生懸命したいって気持ちが
ものすごく自分を追い詰めてるのがわかる.
わかるのに.
行動はなかなか変わらなくて.
それもしんどくて.

これまでの積み重ねだから,
そんなにすぐには変わらないはず.
少しずつ変わっていけばいいんだろうけど,
本当につらい.
そして,つらいって言葉に出すと,
さらにつらくなる.

でも,こうやって言葉にして,
つらいって言いながら,
泣きながらこれ書くことが
ある意味発散になってることも事実.

不安定な自分が認められず,
だけどさらに不安定になってく・・・

安定って何なんだろうとか
よくわかんないこと考え始めるし.

ほんと,こういうときに考えることはよくない方向に行く.

青と岑と海にでも行きたいなぁ.
[PR]
by rinow3 | 2009-06-11 23:16 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧