土曜の講義

今日は1日講義の日.
平日にある講義もあるけど,
土曜に集中してある講義もあって.
今日は9:00~16:00.

何だかね.
不完全燃焼っていうか,何ていうか.

講義は学生が担当になったところをプレゼンして,
それについてディスカッションするっていう形なんだけど,
まず自分の担当のところがね.
やれることはやってみたんだけど,
反省というか,もっとこうできるようになりたい!みたいなのばっかで,
ここはよかった!とかっていうのはあんまりない.
自分のできる範囲はやったけどね.

他の人の担当のところも,
もっと自分の意見とか言えればいいんだろうけど,
これっていうのがなくて.
疑問がないわけでもないけど,
漠然としすぎてて質問もできなくて.
もったいないというかね.

もっと“こう思うけど,どうなの?”っていうのが言いたいのに.

うぅーーーん.

私の傾向として,
真剣になるとかなり感情的になるとこがある.
それを抑えつつ,自分の意見が言えるようになりたいんだけど,
言う機会をもっと積極的に作って,
訓練しない限り,目指してるとこには近づけないと思う.

最初は感情的になるだろうけど,
何回もそういうこと繰り返しながら,内省しながら
感情をできるだけ持ち込まず,冷静に意見が言えるようになりたい.

うぅーーーん.

そういう意味ではやっぱり不完全燃焼.

訓練だわ.
これを次に活かしたいとこ.

なかなか思うようにいかないものだわ.
当たり前だけど.
[PR]
by rinow3 | 2009-05-30 20:16 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧