副作用

今回、自分がこのような病気になるまで
薬にはあまり縁がなかった気がする。
生理痛がひどかったので、鎮痛剤はよく飲んでいたけど、
一時的なもの。

今飲んでいる薬。
プレドニン、バイアスピリン、ガスター、ビタミン剤。
このなかで、重要なのがプレドニンとバイアスピリン。
どっちも副作用があって(ってどんな薬もあるんだけど・・・)、
プレドニンは、見た目の変化も伴ってしまうもの。
見た目以外にも、全身的に副作用が出現する可能性があって
その注意も必要で。
きちんと服用するだけじゃだめなんですよね。

病気って、その症状とか以外にも、
飲んでる薬によって注意しないといけないこととかも出てきて、
そのために生活上制限が生じてしまったりして。
体調がいくらよくても、そういうことでまた色々考えさせられたりして。
いいんだか、悪いんだかわかんなくなります。

現在、プレドニン始めてまだそんなに経ってませんが、
それまでの発熱、頭痛、全身倦怠感は消失しています。
多分、効いてるんでしょう。
ただ、検査結果です、大切なのは。
これが良くなってないと、薬も減らせないので。
順調に減量していければいいのにな。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-07 09:48


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧