最近考えてること

30歳になって,
ってわけでもないけど.

近いうちに進めたいと思ってることがあります.

それは,私が住んでる場所で
同じ病気の人と会うこと.
できれば同じくらいの年齢の人と.

年齢は関係ないのかもしれないけど,
年齢によって悩むことが違うのは確かなんです.
ライフスタイルが違うから.
その年齢によって,直面する問題ってあるから.

同じ病気だからわかることがあるんじゃないかって
最近思うんです.
別に病院に行って主治医とか看護師に聞きたいことじゃないし.
日常生活のなかでのこと.
ささいなことだったりするんです.
そういうことを気軽に話せる,同じ病気の人が近くにいたら.

そう思うことがあって.

道内には,大動脈炎症候群の患者会はありません.
患者会って名前は,個人的には苦手なんですが.

確かに患者数はそんなに多くなんだろうけど,
でも,いるはずなんですよ.

患者数が多くないからこそ,
これってどうなんだろう・・・って思ったことを
何となく話せる人がいるって
大事な気がします.

同じ病気でも症状は違うだろうし,
感じ方も違うと思います.
見たり聞いたりしたことが当てはまらないことのほうが多いかもしれないけど,
そういうことが大事なんじゃなくて,
自分が悩んでることとかを
言葉にできる場所があることが大事な気がします.

わかってもらうとか,そういうことじゃなくて,
自分で自分のそのときの状況を整理して,
受け止めていけることが大事かなぁ~って.

人がどうのとかじゃなくて,
自分かなぁーって.

自分が自分のことを受け止められるようになれれば.

一人だと,ぐるぐるまわっちゃうし.

人は他人と関わることで,自己が見えてくるというか.

そういうことを考えてます.

具体的に何かってとこまでは考えてないんですが,
もしこれを読んでる方で道内の方がいて,
20~30歳代の方でしたら,非公開でいいのでコメントいただけたら~って思います.

具体的なことは今後考えていきたいと思います.
[PR]
by rinow3 | 2009-05-01 21:39 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧