病気になったことで思うこと

病気になったことで,より感じること.
それは,自分ひとりではどうにもできないことが多いということ.

別に病気じゃなくても,人はひとりで生きているわけではなくて
どんなときも誰かに支えられてるんだとは思う.

でも,病気になってみて,できないことが増えたり,
病気になったことで生活のなかで調整が必要になったとき,
自分ひとりではどうにもならない.
自分だけが我慢したり,調整できる範囲のことならいいけど,
そういうことばっかりでもないし.

例えば,今の私の生活のなかのことでいうと,
家事をしたりとかっていうことも,体調がイマイチのときはできない.
でも,夫にしてみれば働いてなくて,しかもが学校に行ってて,
何がしんどいんだってときもあるみたい.

そういうときは,多分夫自身職場でイライラしてたり,
夫が面倒だと思うことを私が言ったりしたときなんだけど.

私自身でどうにかできることだったら言わないよ・・・
って思う.
自分だけでどうにもできないから言ってのに,
何でこんなこと言われるんだろう・・・って思う.

行きつくのは,病気じゃなかったらこんなこと言わなくても済むのに・・・
ってとこ.

病気だってわかってからも,こういうことが煩わしかったから
自分だけでどうにかできることはしようって頑張ってた.
でもそうやって頑張った結果,自分がつらくなった.

だけど.

いちいち気にしなきゃいいんだろうけど.

私が取ってる講義で,慢性疾患についてやるんだけど,
本読んだり,話聞いてて思うのは,
本人じゃないとわかんないよ・・・ってこと.

仕事してるときに,
「子どもいないんだったら,私の気持ちはわからない.」
って言われたことがあって,
そのときそう言った人の気持ち,今だったらわかる気がする.
そのときは,わからないしわかるつもりもないけど,
でも,できることはします.みたいに思ってたけど,
そういうことじゃない気がする.

当事者しかわかんないことは事実で,
当事者じゃない人はわかんないんだと思う.
それでいいんだと思う.
同じ病気,同じ症状だったとしても,
そのとき何をどう感じるかはその人次第だから.
わかるはずがない.
当事者だって自分の気持ちとかわかってなかったりするし.
私は,今の自分がどうしたいのかとか,
病気を受け止めるとか,わかんないことだらけだし.

本人じゃないとわかんないかもしれないけど,
その本人がどうしたいと思ってるのか考えるきっかけを作ったり,
したいと思ってることができる環境を作ったり,
そういうことはできるんじゃないかって思ってる.

病気になって,できないこと,煩わしいと感じることも確かにある.
何で病気になったんだろう・・・ってことよりも,
病気になったことで,何でこんなに煩わしいことが増えるんだろう・・・ってことのほうが
感じる機会が多い.

でも,病気になったことでわかったこともある.

まだ精神的に弱い部分が大きくて,へこむけど,
こうやって文章にするだけでも気持ちは楽になる.
どろどろしてる部分が,何となく整理されて,
見失いかけてる自分を取り戻せる気がする.

一体何回こういうことを繰り返すんだろう・・・
とは思うけど,
こういうことを繰り返してくなかで,
少しずつ繰り返す回数が減って,なくなっていくのかなぁって思う.

もやもや,どろどろがちょっとすっきり.

課題が重なってるし,頑張ろー.
[PR]
by rinow3 | 2009-04-23 23:59 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧