病気のこと。

私の病気は、
「大動脈炎症候群」と言います。
別名「高安動脈炎」とも言います。

私が病院受診をしたきっかけは、頚部(左)痛と発熱、頭痛があったから。
近所の耳鼻科を受診して、採血して、CRP上昇してるし
何かの感染かも・・・ってことで、抗生剤内服。
しかし、数日後の採血でもCRPは横ばいで変化なく、
原因もはっきりしないということで、
ちょっと大きい病院へ紹介される。
そこの耳鼻科で、頚部リンパ節炎の治りかけかも・・・
ということで、頚部エコーをとったみたところ
左の頚部の動脈の血管壁が肥厚していて、「血管炎症候群」の疑いがでてきて。
院内の内科を紹介され、また採血。他検査などすすめて
「大動脈炎症候群」かもと言われ、
大学病院の膠原病専門医へ紹介される。
ここまでに1ヶ月かかった。

この病気、発見までに時間がかかることが多いらしい。
症状が、風邪症状のようなもので始まるということ、診断マーカーがないということ
などから・・・。
そうなんだぁ~って思いました。
この病気の症状のひとつに、上肢の血圧の左右差、脈なしなどがあるけど
私は、20歳くらいのときから、右の手首の脈がほとんど触れない、
血圧の左右差はありました。
でも、当時は他に何もつらいと思う症状もないし、気にもせず。
でも、でもきっとあのときには気付けなかったんだと思う。
そういうもの。

病気については、わからないこともまだまだ多いようで、
血管の炎症を抑えることが治療の主体。
だから、「治るの?」と聞かれると、一番困ってしまいます。
治らなくても、普通の生活は送れるんだけど、再発の可能性も秘めていて、
そして、内服も長期で続けなくてはいけないし。
うぅ~ん。
まぁ、でも完全に治らなくても、普通に生活できるんなら問題ないかなぁ~
と思ってるんだけどなぁ。

あとは、私の気持ち次第な気がする。
具合悪いって思えば、ちょっとしたことが気になって、
だんだん気持ちも落ち込んで・・・
だから、とにかくあんまり深く考えないようにはしてる。
けど、自分の体のことは観察しつつ。

気持ちがついていくって、結構大変なのかもしれないって思った。
[PR]
by rinow3 | 2006-03-05 21:04


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧