24時間

大学院の講義が、今週本格的にスタートしてます。
講義のほとんどがプレゼン形式なので、
担当になったところの準備をしないといけません。

担当になったとこだけをやっても、
それ以外のところでは討論しないといけないので
担当のとこだけってわけにはいきません。

大変だけど、色々読んだり調べたりするのは楽しいです。
多分興味のある分野だからだと思います。

ただ、時間はかかる。
あれもこれもってやってると、
本当にどんなに時間があっても足りないんじゃないかって思う。

2年間でやれることって、多分限界あると思うけど、
でも、やれるとこまではやってみたいと
つくづく思ってます。

少なくとも、取った講義についてのことは、
ある程度までは妥協せずやろうと思います。

大変なのは大変だけど、
勉強がこんなに楽しいとは思いませんでした。
何だかわかんないけど、
ワクワクしながら毎日があっという間に終わってます。

仕事と違って、何かの達成感はあるようでないけど、
今は積み重ね!と思って、やっていこうと思います。

体調もいいときばっかりではないので、
頑張りたくても、カラダがいうこと聞いてくれないときもあります。
そういうときは休まないと、本当に続かないなぁと
すでに実感してます。

本当に、病気じゃなかったらもっと頑張れるのにって思うこともあるけど、
でも、健康だったとしても、調子悪いときはあるだろうし、
私の場合は、調子悪いときがちょっと多いだけ!って思って、
やっていくしかないなぁと思いました。

今の目標は、体調を崩さず、2年間で終了すること。
また入院とかってなって、しかも長期に・・・とかってなったら
休学とか考えないといけないし。
そういうことにならないように、自分の健康管理をしていきたいと。

明日も早いので(学部の講義にちょっと参加するので)、
今日は早めに寝ようっと。
[PR]
by rinow3 | 2009-04-16 20:49 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧