夫の存在

今日、1週間不在にしてた夫帰宅。
この時期、毎年1週間道外に行ってます。
毎年のことだし、仕事柄雪が融けると忙しくて週末はほとんど不在。
気にしたこともないし、いないほうが楽だと思うくらい。

だけど、今回はちょっと違った。
いない間は食事の支度もしなくていいし、
このくらいいないほうが楽かも~って思ってました。

帰ってきてみて。
やっぱりいたほうがいいなぁーって思いました。

確かに文句も多いし、イライラすることもあるんだけど。

今回、いない間に髪型を変えたんだけど、
いつもだったら何も言わない。
変えたの?くらいは言ったとしても、
それ以上はない。
だけど、今回は、何でその髪にしたん?など、
いつもよりコメント多め(笑)。

今まで、本当にただの同居って感じでした。
お互いに関心あるようでない。
何してるかとか、聞きもしないし、それぞれも話さないし。

昨年の入院をきっかけに、
これまでよりは色々話すようになったと思います。

基本的には好きなことしててくれて構わないと思ってます。
夫がしたいと思うことを一生懸命やってくれてれば。
でも、そのときに私が夫に対して無関心になるんじゃなくて
関心持って接することが大事なんだなぁ~って思いました。

一番身近な人と、結婚6年目?にして、やっと関わりが持てたような気がします。
[PR]
by rinow3 | 2009-04-04 23:03 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧