大事にしたいこと

結婚してもう5年になるけど、
まともに夫と話すようになったのは、
この3ヵ月くらい。

入籍したときは、それぞれ別々の場所で仕事をしていて、
1年半、その状態が続いた。
その後夫の転勤で一緒に暮らし始めたけど、
当時の私は交代勤務をしていたので、
本当にすれ違いだった。

その後、交代勤務じゃない仕事になってからも
それぞれ帰りも遅く、すれ違い。

でもあまり違和感はなかった。

それはそれで、お互いに充実してると思ってたから。
実際、好きなように時間を使っていたことは楽しかったし、
特に後悔とかはない。

入院をきっかけに、夫との会話と一緒にいる時間が増えた。
私が外出する時間が減ったっていうことと、
食事を作るようになったから。

その生活はまだ続いてる。
かつて、一緒に暮らし始めて、最初の数か月は頑張った記憶がある。
そのときは、本当に何か頑張ってみたんだと思う。
でも、「頑張ってる」っていう意識があったから
どこか無理があって、途中でイヤになって結局続かなかった。

今は別に頑張ってる感はなく、
こういう生活もいいなぁと思ってやってる。

自分の好きなように生活する時期もあって、
こうやって一緒の時間を大事にする時期もあって。

ただ、思ったことは、
家族は大事にしたいということ。

大事にするってことは、その人との時間だったり、
空間だったりを共有していくことなのかなぁと思った。

夫婦って家族だけど、血縁関係があるわけではなく
ある意味他人。
当然腹の立つこともある。
無条件に何もかも許せるわけではなく、
色んな時間や場所を共有しながら、お互いの妥協点が見えてくるというか。
そういう気がする。

出会って10年になる今年。
(つい最近気づいた。
私が20歳の夏に出会ったから。
あぁー。
今年の春で30歳の私・・・)

大事にしたいと思う。
[PR]
by rinow3 | 2009-02-01 21:31 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧