病気の自分

「病気の自分」
に、いつまで振り回されるんだろう・・・

と思った。

ちょっと疲れたなぁ・・・
って思ったとき、

病気だから・・・か

って思ってる自分。

病気じゃなくても疲れるのに。

常に、何をしてても、何かにつけて頭のなかを駆け巡る。

「病気の自分」

病気じゃなかったら・・・
とは考えないんだけど、

病気でもいいんだけど、


結局、「私は私。」って思えてないんだと思う。

へこむ出来事があるとき、
「病気の自分」のせいにしてる気がする。

誰に何を言われても、されても、
私が私であれば、問題ないはず。

ゆらぎすぎ、ふりまわされすぎ。

他人を非難できないように、
私のことを、他の誰かは非難できない。

私がしっかり、私であればいいだけ。

私は、私でいればいい。

病気があってもなくても、私は私なんだから。
[PR]
by rinow3 | 2009-01-30 21:39 | 日常


日々感じたこと、考えたことを残していきたいと思います。


by rinow3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
普段の受診
日常
体調
病気・治療のまとめ
特定疾患申請
入院
house
family
未分類

タグ

(68)
(65)
(59)
(41)
(35)
(22)
(12)
(11)
(9)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

以前の記事

2014年 08月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
more...

ライフログ


病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)


慢性疾患の病みの軌跡―コービンとストラウスによる看護モデル


ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)


膠原病診療ノート―症例の分析 文献の考察 実践への手引き

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧